ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

不登校の子の運動不足問題

こんばんは。

 

私にとって、夜、家事を終えた後は癒されタイムです。

うさぎのこみみのもふもふな背中に顔を埋めて、密着ナデナデ。

こみみは私が密着していても嫌がらないので、30分くらいそうしていることもある。

でも、撫でられるのに満足すると、急に頭をブルンブルンッ。

今日も耳で顔をひっぱたかれました…。

それでも癒しなんです。

 

運動不足解消のために少しでも

 

最近、長男はテレビを見ながらステッパーで運動しています。

納戸にしまい込んであったものを引っ張り出しました。

こういうのです ↓

 

体力がないので、休み休み、少しずつ。

テレビでYouTubeを見ながらやっています。

塵も積もれば・・・少しは体力がつくといいな。

 

ちなみに私も暇な時にやっています。

先日、寝違えて首から肩甲骨にかけての痛みが3~4日取れず、フィットボクシングができなかった時も、これならできました。

テレビを見ながらできるし、何の準備もなく隙間時間にパッとできるのがいいです。

 

次男はステッパーのような単調な運動は、すぐ飽きてしまうようです。

たまにやっているけど、続きません。

フィットボクシングの対戦は、たまに一緒にやっています。

でも、塵が積もるほどではない…。

次男は球技の方が好きなので、近々卓球でもやりに行こうかしら。

 

不登校で外にもあまり出ないと、深刻に感じるほどの運動不足になります。

成長期にこれほど運動不足だと、将来への影響も免れられないのでは…と、心配です。

かといって、親が促して運動してくれたら苦労はない。

子どもたちが楽しみながら続けられる運動を見つけたいです。

 

運動の大切さを実感

 

私がフィットボクシングを始めてから、気づけばとっくに半年を過ぎていました。

1日40分週6日を続けています。

ダイエット目的で始めたのですが、やってみると、運動って本当に大切! と実感します。

 

私は社会人になってからは、ほぼ運動という運動をしてきませんでした。

毎日長時間のデスクワークに、移動のほとんどが車。

基礎代謝も悪く、ひどい肩凝りと冷え症を万年抱えた状態でした。

 

でも、この冬は、全くと言って良いほど肩凝りと冷え症に悩まされなかった!

真冬の夜、布団に入っても自分の足先が冷たすぎて眠れない…ということが、1度もありませんでした♪

これはダイエット効果よりも嬉しい。

肩、肘、腰回りの可動域も広くなって、身体を動かすのが気持ち良いです。

日常的に運動するようになって、身体の血流が良くなったのでしょうね。

 

こうやって自分の身体の変化を実感できたら、コツコツ続けることも楽しくなるんじゃないかなぁ。