ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

必要だと感じると意味のあるものになる

こんにちは。

 

お昼ご飯の最中に、次男が「今日学校行く」と言い出しました。

急に行きたくなったそうです。

今週はもう行かないだろうと思って、朝、アプリで欠席連絡したんですけど。

ちょっと面倒に思いつつも、昼休みにサプライズ登校してきました。

行って、先生に会って、帰ってくるだけ。

先生はとても喜んで歓迎してくれたけど、これってご迷惑じゃないかしら・・・。

 

夫の休日

 

昨日と今日は夫が珍しく2連休です。

ずっと家にいると、自由気ままに過ごしている双子にイライラが募ってしまうようなので、今日は半日ほど出かけていました。

気分転換は大事。

でも、出かけていた時間を除けば、ちゃんと双子の相手をしてくれています。

 

昨日、マイクラで作った世界をパパにどうしても見てもらいたかった長男。

マシンガントークを交えつつ、30分くらいかけて自分の作った世界を紹介していました。

私もよく見せられるけど、3D酔いするし、眠くなっちゃうんですよね。

夫はよく30分も見ていられるな~。

面倒そうな素振りも見せず、ちゃんと相槌を打ちながら聞いてあげていました。

 

そして今は、Switch用のSDカードを買いに、双子を連れて近くのゲオへ出かけました。

きっと意識的に子どもたちを受け入れよう、向き合おうと頑張っているのでしょうね。

 

来月は夫の誕生日休暇があり、月の半分近く休みがあります。

お正月もお盆もなく働く夫にとっては、唯一の長期休暇。

休みがたくさんあっても、自由に遊びに行く楽しみがあるわけでもなく、家には双子がずっといて、イライラしちゃうんだろうな。

私はそれを見て双子にも夫にも気を遣い、疲弊してしまう。

双子が不登校になってからというもの、6月が憂鬱になってしまいました。

 

夫「来月は一緒に行くよ」

 

児童精神科を受診すると「来月、お父さん来られないかな」と、毎月のように主治医に聞かれます。

夫はこれまでに数回一緒に受診したことがありますが、私が半ば強引に説得して連れて行ったという感じ。

そもそも夫は、今まで児童精神科を受診し続ける必要性を感じていませんでした。

「3年通ってて、何か変わった? 意味ないよね」という認識でした。

 

ところが昨日、「来月、休みが多いから一緒に病院行かない?」と誘ってみると、「うん、来月は一緒に行くよ」とまさかの返事が。

夫がLINEで自分の気持ちを打ち明けてくれた時、私は

 

自分を責めることはないよ。

子どもたちのありのままを受け入れてって簡単に言うけど、そんな簡単にできることじゃない。

努力してくれていることは知ってるよ。

子どもが不登校になるって、親も精神不安になったり抑うつ状態になったりしてもおかしくないくらい、大変なことなんだよ。

あなたにも吐き出す場所が必要だよね。

 

という主旨の返信をしました。

 ↓ この時

eco-hs-o.hatenablog.com

 

私の言葉が功を奏したのかどうかはわからないけど、夫が他人の力を借りてみようと、ちょっと認識を変えたような気がしています。

私が伝えたことは、何もこの時初めて伝えたことではありません。

でも、言葉って、その人が必要とした時に、初めてちゃんと伝わるものなのだと思う。

すぐに病院に電話して直近で予約を取りました。

 

「この薬は効かない」と思って飲む薬が効かないのと同じで、通っても意味がないと思うなら、児童精神科に通う意味もないのでしょうね。

専門家を頼ってみよう、力を借りてみようと必要性を感じるようになったら、きっと意味を持つのだと思います。