ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

身体のブレーキ

こんにちは。

 

やっと週末ですね。

なんだか今週はとても長く感じました。

今夜はゆっくり好きなことをしたいなぁ。

 

最近の私の専らの楽しみはミニチュアハウスを作ること。

1日のことが終わった後に、ちまちまと作っています。

こういうのを作っている時間が至福の時です。

f:id:eco_hs_o:20210618160621j:plain
f:id:eco_hs_o:20210618160607j:plain
作ったパーツがカウンターにたくさん並んできました・・・

 

朝の流血事件

 

私の朝は、うさぎのこみみをケージから出し、ごはんをあげるところから始まります。

今日もいつもの時間にお皿とペレットを用意し出すと、私の周りを走り出すこみみ。

ごはんが待ち遠しくてはしゃいでいるのか、早く早くとごはんを急かしているのか。

たまに鼻がぷぅぷぅと鳴らして、ご機嫌な様子。

 

ところが、私がちょっと手を下ろそうとした瞬間。

そこに走りこんできたこみみの歯が、私の手の甲にガッ!!

 

甘噛みされたり、「どいて」の意味で服の上から噛んでくることはたまにあります。

でも、今日はこみみも無意識で、力加減もなにもなかったのでしょうね。

なかなかの衝撃で、歯が当たった手の甲が切れていました。

 

え、なんで走っていてぶつかっただけで切れるの?

口開けて走ってるの?

色々疑問ですが、幸い手の傷は消毒して絆創膏を貼る程度で済みました。

(突然のことに驚いて立ち止まったこみみは、私にちょっと叱られました)

 

うさぎは草食動物ですが、前歯がとても鋭いです。

噛まれて流血・・・というのもわりと聞きます。

でも、我が家では初めてのことだったので、私も少々動揺してしまいました。

とにかくケガをしたのが子どもたちじゃなくて良かった~。

 

言葉が通じない動物と暮らしている以上、人間側が細心の注意を払って安全を確保しないといけませんね。

とは言っても、うさぎは犬のように「待て」を覚えてくれないので、しつけにも限界がありますが・・・。

 

長男「学校行こうかな」

 

今朝の長男は「金曜日だし、学校行こうかな」と言っていたので、朝の学校への連絡は一応「遅刻」としました。

でも、時間が近づいてきたら「気持ち悪い」「頭痛い」・・・。

不安が膨らむと出現する長男の体調不良。

ここのところ調子が回復していたので、久しぶりに気持ち悪くなったみたい。

 

身体がブレーキをかけてるんだな。

 

先週と今週は登校していなくて、前回登校してから少し間が空いています。

そろそろちょっと行こうかな・・・と思ったのかもしれません。

きっと積極的に「学校行きたい!」と思ったわけではない。

私ははじめからそう思っていたので、やっぱりか~という感じでした。

 

長男は今も「学校に行かなきゃ」という考えが頭の中にあって、動こうとすると身体がブレーキをかけるみたいです。

学校に囚われなくなったら、精神的にきっと楽になれる。

でも、囚われないって、大人が思っている以上に、子どもにとっても難しいことなのかもしれません。