ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

似たもの親子の長男と夫

こんにちは。

 

今日は1日どんよりとした空。

子どもたちも、2連休の夫もゴロゴロまったりとしています。

何かすることはないのかしら?

暇を持て余しているのに、特にやりたいことも思いつかない3人・・・。

このやる気の出ない空気、私にまで移りそう。

 

夫と長男が盛り上がれる話題

 

度々書いている通り、長男はおしゃべりが好きです。

特に自分の興味があることについては、一方的にしゃべりがち。

そんな長男に対して、夫も次男もわかりやすくうんざりした顔をします。

長男もパパと次男は聞いてくれないことがわかっているため、話し相手に任命されるのは私。

 

でも、見つけました! 

夫と長男が盛り上がれる話題。

それは、漫画『ワンピース』です。

 

なにせ100巻も続いている漫画で未完結。

まだ回収されていない伏線もたっぷりあるため、考察だとか展開予想だとかを話し出すと、それはそれは盛り上がっています。

 

長男は100冊もある単行本を読み込み、長く複雑なストーリーの詳細までバッチリ把握しています。

長年『ワンピース』を愛読している夫も同じ。

つまり、同じレベルで語り合える。

 

普段はろくに話を聞いてくれなくて、パパへの不満を口にすることもある長男。

昨晩は夫とたっぷり『ワンピース』談義をし、とても満足そうでした!

 

『ワンピース』以外にも、夫は長男のために色々漫画を借りてきてオススメしています。

長男はそれを楽しみにしているし、一緒になって読み進めていると会話も生まれます。

漫画のことはなるべく夫にお任せしよう!

私と長男の繋がりは色々あるので、任せられる部分は夫に任せた方が良いと思います♪

 

奇しくも今日は『ワンピース 第100巻』の発売日。

動こうとしないパパのために、長男とコンビニまで買いに行きました。

出資者のパパと、買いに行った長男、どちらが先に読むかを言い争う長男も楽しそうでした。

 

似たもの親子

 

長男は夫が夜に家にいる日は、大抵一緒にゲームをやりたがります。

でも、夜勤明けや仕事から帰った直後は疲れていて相手をしたくない夫。

しょっちゅう同じことで揉めています。

 

次男は「パパは疲れてるんだから、しつこく誘うの止めなよ」と長男を諭そうとします。

たぶん、揉めているのを聞きたくないのでしょうね。

鬱陶しそうにするパパも見たくないし、拒絶されて悲しむ長男も見たくない。

 

次男の言う通り、長男がしつこく誘うのを止めればいいのに。

夫も頑なに拒むのではなくて、いつなら出来ると伝えるとか、短時間だけなら応じてあげるとかすればいいのに。

お互い気持ちをちゃんと言葉にできていないから、揉める気がします。

似たもの同士みたい。

 

児童精神科の先生からは、「お母さん、毎回大変だけど2人には解説が必要なのかもよ」と言われました。

長男には、パパは1日仕事で頑張ってきてやっと一息ついたところだから、好きなことをしてのんびりしたいんだよ、と。

夫には、長男がなぜ毎度毎度しつこく同じことを言ってくるのか。

口頭で「夜勤明けの日はゲームやらないよ」と言ったところで、ワーキングメモリの低い長男の頭には残らない。

自分の要求を聞いて欲しいというこだわりの強さもある。

ということを、私がいちいち解説してフォローしないといけないのか・・・。

 

しょっちゅう同じことで揉めている2人も、夫がゲームに応じてあげれば仲良く遊んでいます。

近頃は次男があまり参戦したがらず、昨晩も2人でやっていました。

仲はいいのに、お互いあまり理解し合おうとしない2人。

やっぱり、似たもの同士という気がします。