ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

ダニの舌下免疫療法 3ヶ月経過後の効果

こんばんは。

 

ここ数日、うさぎのこみみがやけに甘えん坊。

私を見つけると走ってきて、撫でてアピールしてきます。

そして撫で始めると、30分は捕まってしまう私…。

ふわふわで可愛いんだもの。

今日はこみみのことを撫でていたせいで、ブログをアップするのが遅くなりました。
f:id:eco_hs_o:20210918221407j:image

 

続いている覚醒モード

 

長男は、なんと昨日も給食を食べに学校へ行きました。

お目当ては月見団子。

行くと決めてから渋ることもなく、一昨日からの覚醒モードが続いていたようです。

 

昼休み後、私が迎えに行った時にはニコニコ顔で車に乗り込んできました。

お友だちとペアを組んで、コリドール(長男が大好きなボードゲーム)で対戦したそうです。

結果は2位だったそうですが、ペアを組んだ5年生とは息がぴったりだった!と嬉しそうでした。

 

今までも給食を食べに登校していたことは何度もあったけど、こんなに楽しく帰ってこられたことってあったかな?

どちらかというとエネルギーを削られて、疲れて帰ってきていました。

久々にお友だちと遊ぶ楽しみを味わえているようで、私も嬉しいです。

 

帰る車の中で「覚醒モードはもう終わりでいい? のんびりしたい」と言っていた長男。

ところが、今日はひとりでバナナマフィンを作り、普段はもう見向きもしないプラレールを引っ張り出して遊び、なんだかやっぱりいつもと違う。

まだ覚醒モードが続いているんじゃないかと、密かに思う母でした。

 

ダニの舌下免疫療法 3ヵ月経過後の効果

 

今年の6月にダニの舌下免疫療法を始めてから、約3ヵ月が経ちました。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

主治医からは3ヵ月くらいで治療の効果が徐々に現われてくると言われていましたが、その言葉通り、効果を実感できるようになってきました。

 

長年悩まされていた通年性のアレルギー性鼻炎

真夏は多少症状が落ち着くのですが、9月は毎年症状が酷くなる時期です。

昨年までは、目が覚めた瞬間から目はショボショボ、鼻が詰まって鼻息がし辛いという状態でした。

スギ花粉が重なる春先の次に辛いのが、9月。

ダニ・ハウスダストアレルギーがある長男も、最近辛そうです。

 

6月から舌下の治療を始めた結果、

寝起きに目がショボショボしない。

洗顔後に必須だった目の洗浄も、しなくて済んでいます。

鼻詰まりが明らかに改善されて、苦しくない。

普通に鼻息ができています!

朝起きて苦しくないことに感動!!

 

それから、最近、妙に周りのものの匂いを強く感じるんです。

もしかして、鈍っていた嗅覚が少し戻ってきたのかな?

お風呂上りの子どもからシャンプーの匂いがして、「すごい匂いがするんだけど、ちゃんと洗い流した?!」と思うほど。

それはそれで、色んな匂いが気になりますが・・・。

今までの私の鼻、本当に酷かったみたいです。

 

舌下の治療をしつつ、抗アレルギー薬はまだ以前と同じものを服用しています。

でも、ずっと使っていた点鼻薬は必要なくなりました。

この治療は最低でも3年続けないと、効果が持続しないと言われています。

時間はかかるけれど、2年、3年と続けるうちにより高い効果が得られるそうです。

いずれは抗アレルギー薬も手放せるといいな。

 

お薬カレンダー

 

哀しいことに、我が家は家族全員、毎日何かしらの薬を飲んでいます。

私は朝昼晩(食前も食後も)、長男は晩と寝る前、次男は晩のみ。

以前は食前や昼食後の薬、長男の寝る前の薬を忘れることが度々ありました。

でも、今はお薬カレンダーで3人分の薬を管理していて、飲み忘れることがすっかりなくなりました。(夫は自分で管理)

 

舌下免疫療法の薬は、3日続けて飲み忘れたらゼロから再スタートになるそうです。

さすがに3日連続で忘れはしないとは思いますが・・・それでも、薬を忘れることがなくなって助かっています。