ゆっくりいこう ~不登校ふたりっ子の足跡~

不登校の双子と生きる母の忘備録

義母からのプレッシャー

こんばんは。

 

今日、なんと双子がスーパーへの買い出しに一緒に行ってくれました。

こんなの何年ぶりだろう。

嬉しかったです。

 

うちからスーパーの入り口まではわずか50mほど。

お昼時でお店は空いていました。

なるべくひとに会いたくない次男は、歩きながらも360°周囲を警戒していたけれど。

家に帰り着くまで20分弱。

すごく普通っぽく、と言うと変だけど、不安が表に出てくることなく買い物できました。

次男にとってはすごいことです。

 

ボランティア精神がある次男

 

年に一度、自治会で近所の神社の清掃当番がまわってきます。(ただの落ち葉集めです)

本当は先週の日曜日が当番で、雨で今日に延期になりました。

そして今朝も雨! 清掃は中止。

ラッキー♪

 

10世帯ほどのグループで行う当番。

近所の方と協力して作業します。(ほとんど60代くらいで、子育て世代はうちだけ)

以前は毎年子どもを連れて参加していたけれど、昨年と一昨年はコロナで中止になり、久しぶりの今年は私ひとりで行くつもりでした。

次男は日頃、近所の人に会うのも嫌がるくらいだし、長男は休日は休むことを最優先にしたいと言っていたから。

 

ところがです。

なんと次男は清掃に参加するつもりだったみたい。

神社清掃ができなくて、ちょっとがっかりしていました。

 

まさか、参加するつもりだったなんて。

なんだかね、ボランティア精神があるみたいです。

加えて、掃除が好き。

だから神社の清掃には参加したかったそうです。

 

ひとに会うのが怖くても、そういうのが原動力になることもあるのね。

次男の気持ちをわかっている気になっちゃいけないと反省。

来年も参加する意思があれば、一緒に行こうと思います。

 

 

たくさんのノート

 

たくさんの大学ノートと、国語の縦書きのノート、漢字練習用のノートを貰いました。

義母から。

双子が中学生になったので、「勉強に使って」と。

大学ノートは10冊も。

 

義母は双子をなんとかして学校へ行かせたい。

義務教育の勉強くらいはきちんとさせたいという考えです。

小学校はともかく、中学はなんとしても行かせるべき! という学校至上主義。

双子の特性や不安障害のことを説明しても、理解を得るのが難しい相手です。

 

双子が不登校になる前は、義母とはそれなりに良い関係でした。

でも、不登校に対する考え方がどうしても合わず、今はなるべく距離を置いています。

義母の方も私にあれこれ言うのは諦めたみたい。

ただ、夫のところにたまに連絡が来て、夫もちょっと板挟み状態…。

 

長男は週4で給食を食べに登校しています。

本人は少しずつ学校にいる時間を延ばそうと考えている様子。

でも、そのペースを決めるのは長男。

勉強に気持ちが向くには、時間がかかると思います。

プレッシャーを与えたくはない。

 

次男は登校する意思がありません。

今は安心できる家で、好きなことを見つけて欲しい。

でも、長男が頑張っている姿を常に見ていることで、気持ちがすごく揺らいでしまって。

今までにないほど、腕を噛む自傷行為が頻繁になって、噛み痕が消えない状態です。

プレッシャーになるようなことは、なるべくしたくない。

 

義母も子どもたちに会って直接言葉でプレッシャーをかけてはいけないとは思っているみたいで、ノートはうちの玄関に吊り下げられていました。

でもね、物だけでも十分すぎるほど圧を感じます。

過干渉の自覚が全くない義母、どうしたものでしょうね。

 

いつか勉強に気持ちが向いたり、何かの機会で必要とすることがあるまで、ノートはそっと仕舞っておこうと思います。