ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

歯科検診に行ってきました

こんにちは。

 

2021年の本屋大賞受賞作品が町田その子さんの「52ヘルツのクジラたち」に決まりましたね。

 

この作品、1月にノミネートが発表された時点で図書館で予約しました。

今朝、予約状況を確認したら、ちょうど100人待ち!!

大賞受賞が発表されたので、きっと予約する人は一気に増えるでしょうね。

ちなみに、昨年2020年の大賞受賞作「流浪の月」も予約してあるけれど、現在656人待ちです。

忘れた頃に読むことになりそう。

買って読めば早い話だけど、わざわざ図書館で予約して借りるのは、未来へのちょっとしたお楽しみのためでもあります。

 

歯科検診に行ってきました

 

今日は学校の歯科検診。

「歯医者さんには絶対に行きたくない。仕方ないから歯科検診は行く」

と昨日から言っていたものの、今朝の次男はこの世の終わりのような顔をして不安を口にしていました。

「そうだね、イヤだよね。歯医者さんもイヤだしね」と聞いていた時に、長男が「ママ、次男の話ばっかり聞いてずるい」と一言。

久々に途方に暮れました。

長男も不安だから、話したいんだよね。

 

これは2人とも行けないかな・・・と半分諦めた頃、次男が猛スピードで着替えだし、結果的には2人とも歯科検診のために登校することができました。

今年度に入って初の登校、がんばりました。

多分、エネルギーをたくさん消費してしまったと思います。

でも、歯は異常なし!

大嫌いな歯医者さんにも行かなくて済むし、一安心です。

 

今年度のクラスへ

 

保健室で歯科検診を受けた後、少しだけ教室に寄りました。

昨年度とクラスも変わらないし、席の場所も同じ。
(情緒クラスでは、基本的に席替えはしていないそうです。それぞれが一番落ち着く場所を選んで自分の居場所にしています)

メンバーも数人を除いてほとんど変わりません。

 

長男が自分の席に座っていると、今年度から同じクラスになった同学年のMちゃんが話しかけてくれていました。

Mちゃんは、昨年度は次男と同じクラスでした。

次男曰く、聞き上手で褒め上手な女の子。

本当はとても繊細なタイプなのだと思うけど、誰に対しても屈託なく話しかけてくれるので、長男も仲良くなれそうな気がします。

Mちゃん「今度一緒にスピードやろう」

長男「うん」

と、早速トランプでスピードをやる約束をしていました。

 

一方、次男は自分の教室に入るのは落ち着かないようで、廊下をウロウロ・・・。

ほうきと塵取りを出してきて、教室の引戸レールを掃除しだすという謎の行動をとっていました。

手持ち無沙汰で、間をどうすれば良いかわからなくて、本当に本当に落ち着かないんだろうな。

 

その後、長男の教室に入って行って空いている椅子に座るという、また謎の行動。

自分の教室だと落ち着かなかったのに、なんで?

自分の居るべき場所だと思うと不安になるのかしら。

先生は「こっちの教室にも次男くんの席作ってもいいよ。別荘ってことで」とおっしゃって、本当に次男の席を用意してくれるそうです。

VIP待遇だなぁ。

 

とにかく今日の目的は果たせたので、やり切った!!という気持ちで家に帰りました。

今はまったりのんびり過ごしています。

 

ふんわりした校長先生

 

子ども達を待ちつつ廊下をウロウロしていた時、校長先生にお会いしました。

昨年度赴任された女性の校長先生、ふんわりとして穏やかな先生で、とにかく腰が低い。

私が「今年度もよろしくお願いします」とご挨拶すると、深々と90度のお辞儀が何度も返ってきました。

「出来る限りのことをさせて頂きますので、なんでもおっしゃってください」とも言って下さり、ちょっと恐縮してしまいました。

 

学校のトップである校長先生の考え方は、不登校対応にも色々と影響します。

理解を示してくれて、優しく見守ってくれる校長先生、ありがたい限りです。

 

学校とのやり取りが憂鬱な時もある

こんにちは。

 

久々の雨模様、子ども達も夫も家でまったりです。

 

次男は学校が始まってから、子ども部屋に籠る時間が増えています。

でも、ひとり時間を過ごして気が済めばリビングに降りてくる。

リビングにいる時はご機嫌に遊んだり、おしゃべりしています。

ひとりになると、色々思うところがあるのでしょうね。

 

学校に連絡するのがイヤだな、という気分です

 

新年度って学校への提出書類が沢山ありますよね。

始業式の日に配布物を受け取りに行き書類はすぐに書き込んだのものの、まだ提出していません。

子どもが学校に行っていれば何の問題もなく提出できるのに、学校に連絡して、先生の都合に合わせて出向くのがすごく億劫に感じてしまって。

 

始業式の日に感じた、先生からのプレッシャー。

「待ってますね」

「少しでもいいから」

という先生の言葉が、私にとっても重荷になっています・・・。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

書類を持っていったら、また言われるのかなぁと。

先生は先生の仕事をしているだけなのですけどね。

 

不登校の子を持つ親にとって、学校とのやり取りはストレスの一員にもなり得ます。

子どものペースを見守ろうと考えている親と、少しでも登校してもらいたいと考える学校と、方向性が違えば無理もないのでしょうね。

 

私はこれまでわりと積極的に、そして穏便に学校とやり取りしてきたと思います。

学校も先生方も不登校に対して理解があり、恵まれているとも思います。

だから日頃は先生方との関係も良好。

それでも、たまにはこういう気持ちになることもある。

提出書類は、子ども達が登校するか、学校から連絡が来るまで保留にしておこうかな・・・。

(小心者なので、提出期限を守らないってドキドキします)

 

学校への欠席連絡

 

うちの双子の学校では、スマホアプリを使って欠席や遅刻の連絡ができます。

欠席・遅刻・早退のいずれかと、その理由を選んで送信するだけ。

2月に導入されてから2ヵ月。

毎朝学校へ電話していた頃に比べたら、欠席の連絡がずっと気楽にできるようになりました。

 

毎朝電話で連絡していた頃は、録音した音源を流しているかのように、端的に心を込めずに欠席を伝えていました。

毎日たった1分の事務連絡。

たかが電話なのに、これが毎日続くと、想像以上に親も精神を蝕まれるんですよね。

不登校あるあるですね。

 

まだ欠席連絡が電話の学校も多いと思います。

紙の欠席届や連絡帳を届けなければいけないという学校もあるかもしれません。

学校と相談のうえ、毎日の欠席連絡はせずに登校する時に連絡する、という方法もよく聞きます。

(うちは長らく五月雨登校だったので、この方法には至りませんでした)

でも、学校に例外を認めて欲しいとお願いするわけだから、相談すること自体、親だって勇気が要る。

こういうアプリの活用が、もっとサクッと全国的に導入されると、少しだけ心が軽くなるお母さんが沢山いるのにな・・・と思います。

 

欠席連絡アプリと同様に、ちょっとした連絡もメールとかで出来るようになったらいいな。

「書類の提出は、金曜日でもいいですか?」

たったこれだけの電話のために、忙しい先生の手を止めさせるのは申し訳ないし、ましてや後で折り返し電話して貰うのも気を遣う。

ビジネスだったら当たり前の気遣いだし、メールなら記録として残るという利点もある。

学校とのやり取りも、もう少しビジネスライクにならないかしら。

あまりの忘れっぷりにびっくりした話

こんにちは。

 

今日は学校の眼科健診の日だったけれど、双子は行くことができませんでした。

まぁ・・・そうだよね。

夜勤から帰ってきた夫からは「健康診断の類はなんとかして行かせなよ・・・」と言われました。

それができたら苦労しない。

何かを「させる」「やらせる」という考えが、子ども達を頑なにさせてしまうんです。

 

学校が楽しかった頃の話

 

昨晩、私が早めにベッドに入っていたら、子ども達がおしゃべりしに来ました。

なぜそんな話になったのかわからないけど、普通に学校に通っていた1、2年生の時のことを話し出しました。

 

 

クラスみんなで先生に怒られたこと、お友だちとのやりとりのこと、運動会のこと。

私が知らない話もありました。

eco「へぇ~、その頃、学校楽しかったんだね?」

次男「うん、楽しかったよ」

長男「まぁ普通にね」

 

そうなんだ・・・。

考えてみれば、1、2年生の時は友達も多かったし、勉強も学校行事もがんばっていた。

帰ってくると、学校の話もよくしてくれました。

楽しいことだってあったはずですね。

 

長男「今だって、行けば楽しいんだよ。でも、行くまでが怖い」

 

楽しいなら行けばいいのに。

と思うけど、それほど単純な話ではないのでしょうね。

楽しいこともあるのは知っていても、それ以上にたくさんのハードルがあるのだと思います。

 

あまりの忘れっぷりにびっくりした話

 

長男は忘れっぽい子です。

口頭で3つ簡単なお願い事をしたら、1つは確実に忘れます。

3秒前の話題をスポーンと気持ちよく忘れてしまったり、本を取りに子ども部屋に行ったのに、目的を覚えていなかったり。

この忘れっぽさはWISCの結果でもバッチリ数値に表れています。

ワーキングメモリが100人中下から3番目に入るレベルだそうです。

 

春休み中、長男と話していて、ウソでしょ?とびっくりしたことがありました。

長男「担任の先生、誰になるのかな・・・」

eco「長男は誰先生がいいの?」

長男「そりゃ、もちろん・・・今までの先生か、次男の先生」

eco「もしかして、名前覚えてない?」

長男「覚えてるよ! 〇〇先生。次男の先生は・・・なんだっけ?」

 

おぉ・・・覚えてないのか~・・・。

いくら自分の担任ではないと言っても、支援級は横の繋がりが強いので、隣のクラスの先生といったら副担任くらいの存在感はあります。

おまけに次男がお世話になっている先生。

放課後登校すれば話す機会も沢山あったし、先生の方も自分の担当の子に近い気持ちで見守ってくれているというのに。

長男の忘れっぽさに慣れている私でも、ちょっとガクッとしてしまいました。

  

多分、お世話になっているのに名前がわからない先生、きっと他にも数名はいらっしゃると思います。

10人もいないクラスメイトの名前も、恐らく特定の数名しか憶えていない。

社会に出たら苦労するかな。

 

長男は短期記憶は苦手でも、長期記憶は得意です。

だから、大事なことは短期記憶の領域から、長期記憶の領域へ移しておけば覚えていることはできます。

なのに、なぜ1年間身近にいた先生の名前を忘れられるんだろう・・・。

やっぱり興味の問題かしら。

 

とはいえ、名前がわからない先生相手でも、さも仲良しみたいに話ができるのは、長男の良いところかもしれません。

ただ、そういう姿を見ていると、え、名前覚えてないの?!ウソでしょ? となるんです。
長男の困りごとは、端から見てすごーくわかりにくいです。

不登校の子 健康診断を受けて欲しい

こんばんは。

 

今日、長男と一緒にブルーベリーの樹に防鳥ネットをかけました。

 

長男の提案により、お互いの良いところを言い合いながら作業。

eco「長男のいいところは、癒しの笑顔!」

長男「ママはぼくの提案にいつも乗ってくれる」

eco「観察力がある」

長男「優しい」

要するに、お互いをべた褒めし合っていました。汗

他人が聞いていたら、すごく変な親子ですね・・・。

 

今、たくさんの樹に花が咲いて庭が賑やかです。

ブルーベリーの花も満開。

でも、実がなり始めるといつも鳥に食べられてしまうので、防鳥ネットが良い働きをしてくれますように。

 

夜勤8回/月

 

今月の夫は激務らしいです。

今まで、ひと月にやる夜勤は5、6回でしたが、今月は8回。

15年以上勤めていて、月に8回の夜勤は初めてです。

ただでさえ人材不足と言われている介護業界、コロナの影響で益々厳しい状況になっているようです…。

 

夜勤は勤務時間が長いです。

おまけに前後で生活時間がずれるので、身体のリズムが崩れる。

常に時差ボケのような状態になって、疲れが倍増するのだそうです。

夫はアトピー持ちで、夜勤が続くと疲れがすぐ肌に出ます。

胃の不調を訴えるのも、いつも夜勤明け。

 

夜勤のある仕事をしている人は寿命が短くなるという研究結果も発表されています。

糖尿病、ガン、胃腸病の発症リスクが有意に高いそうです。

うつ病のリスクも高いらしい。

 

だからこそ、気をつけられることは気をつけて生活しないと。

食生活とか、夜勤以外の時の睡眠とか、ストレスとか。

 

そんなわけで、昨日の夫の休みは思う存分休んでもらいました。

具体的には、子どもたちへの対応と同じ。

何も求めない。

お好きにどうぞ。

 

見事に1日ゴロゴロしていましたね…。

布団の上でゲームしたり、漫画を読んだり。

子どもたちと一緒。

でも、ゆっくり休んだおかげなのか、子どもたちに寛容な態度で接することはできていました。

 

不登校も、コロナも、夫の職場の人手不足も、先が見えません。

見通しが立たないって、不安になる。

先が見えれば、こんなにも重荷に感じずに耐え忍ぶことができるんだろうな。

 

健康診断を受けて欲しい

 

明日から、学校では新年度の健康診断が順次行われます。

親として、不登校だろうと何だろうと我が子の健康は大事です。

できれば健康診断を受けて欲しいと思っています。

 

先日、その気持ちを子どもたちに伝えました。

「健康診断はできれば受けて欲しい。もし学校で受けられなければ、病院でも受けられるよ。学校と病院、受けやすい方でいいから考えてみて」

 

明日の午前中は早速眼科健診があります。

上記の話をしたせいか、夕方から次男が不安定・・・。

昼間も部屋に籠りがちでした。

せっかく始業式のザワザワした気持ちを切り替えて過ごすことができていたのに。

次男の本音は、学校も病院もイヤ、なのでしょうね。

 

長男は歯医者さんには行きたくないので、歯科検診は学校で受けるそうです。

他は考え中。

時間的にも金銭的にも、学校で受けてくれるのが一番ありがたいけれど、自分でどうするか決められるといいな。

 

次男「写真はあと1000枚までね」

こんにちは。

 

今日の子ども達は朝から元気に過ごしています。

始業式だった昨日の緊張感はもうないみたい。

 

不登校になってから、いつも新学期の最初の1週間くらいは気持ちの揺れが大きくて、生活のペースも安定せず、家族みんな疲れ切っていました。

でも、行けないことを受け入れて、おうち生活を楽しく過ごそうと考えるようになったら、気持ちの切り替えも早くなりました。

 

誕生日プレゼント 

 

先日私の誕生日があり、家族で外食した後、お花見に行きました。

桜はもう半分くらい葉桜になっていたけど、サァっと風が吹くと、ライトアップされた中、桜吹雪が舞ってとても綺麗でした。

チューリップはちょうど見頃で、色鮮やかに咲いていました。

 

この写真はベニバナトキワマンサク

夜空に浮かび上がって幻想的な写真が撮れました。

うちにはシロバナトキワマンサク(こんな大木ではないです)があるけど、私の好きな樹のひとつ。

f:id:eco_hs_o:20210408152003j:image

 

うちの子達はそもそも人混みに出かけることが好きでありません。

(コロナが心配ということもあります)

でも、私の誕生日に家族でお出かけするという楽しみをプレゼントしてくれました。

桜とチューリップに囲まれた道を、私は次男と、夫は長男と手を繋いで歩きました。

 

6年生の男の子、親と出かけるのが照れ臭かったり面倒だったりで、もう一緒に出掛けてなんてくれないよ~というお家もあるようです。

ましてや花を見に行くなんて、何が楽しいの?という感じだとか。

幸いうちの双子は花を見て歩くのも好きだし、たまに家族で出掛けるのを喜んでくれる。

おかげで、幸せで素敵な誕生日を過ごすことができました。

 

写真を撮られるのが嫌いな次男

 

次男は写真を撮られるのが大嫌いです。

カメラを向けられると、いつもササっと逃げていきます。

マイナンバーカードの申請用写真を撮った時も苦労しました)

写真を嫌がるようになったのは、幼稚園くらいの時だったかな・・・。

だから、うちには次男の写真が圧倒的に少ないです。

 

でも、この日は私の誕生日だったからか、サービス精神旺盛で写真も撮らせてくれました。

ここ最近では貴重な双子のツーショットを数枚。

次男は私と一緒に歩いていたので、次男だけの写真も2枚撮らせてくれました。

 

次男「ぼくが死ぬまでに撮っていい写真は、あと1000枚までね」

eco「えっ。限定なんだ・・・じゃあ、貴重だね~」

 

私自身も写真を撮られるのが嫌いなので、気持ちはわかる!

次男は注目されること自体が苦手ということもあるけど、誰かに撮ってもらった写真で思い出を残すよりも、自分の目で見えている映像を残したいんですよね。

私も写真は撮られるより撮る派です。

 

あと1000枚か・・・。

子どもが大きくなってくると写真を撮る機会も少ないし、1000枚なら十分かも。

あと1000枚というところに、次男の優しさをちょっと感じます。

 

 

6年生スタートです

こんばんは。

 

双子の学校は午前中が入学式、午後から始業式でした。

予想通り、2人とも始業式へ行くことはありませんでした。

昨日は放課後登校するかな?という気配もあったものの、結局それもなし。

放課後に私ひとりで配布物を受け取りに行ってきました。

 

休みだった夫は、「僕がいると変にプレッシャーを感じたりするだろうから、出かけてくるよ。がっかりするのもイヤだし」と言って、お昼過ぎに出掛けました。

それはそれで、私に丸投げ?と思わないでもないけれど、子ども達が自分の意思を大事にできるように協力してくれたと思うことにします。

 

まずは一安心

 

学校にひとりで向かっている間、やっぱり少しがっかりしている自分に気がつきました。

どこかでまだ、期待しているんですね。

 

でも、学校に着いて、今年度の担任の先生を教えて頂くと、がっかりしていた気持ちも吹き飛びました。

昨日電話で聞いた通り、双子のクラスは別々。

担任の先生は昨年度から変わらずでした!

クラスのメンバーもほぼ変わらず。

まずはほっと一安心です。

 

私は子どもたちに無理をしてまで学校に行って欲しいとは考えていないけれど、子どもたちは今も自分の居場所は学校だと考えています。

だから、環境は大事なんです。

担任の先生やクラスメイトが安心できる存在かどうかは、重要なファクターのひとつです。

家に帰って報告すると、子どもたちもホッとしていました。

 

交流級は同じクラス

 

支援級のクラスは別々ですが、今年度は交流級のクラスが一緒になりました。

学校側も子どもたちのために様々なパターンを検討してくれたのだと思います。

双子はクラスを分けるのが通例ですが、今回は特例的な措置なのでしょうね。

 

次男と一緒だと安心する長男は大喜び。

交流、行かないじゃん…と突っ込みたくなります。

そんなにも次男と一緒がいいのか~…。

 

交流級は、双子が最近唯一遊べるお友だちも一緒でした。

その他にも仲の良かったお友だちが数人いて、子どもたちは「良かった~!」と言っていました。

 

支援級さえ行けない子たちにとって、交流なんて夢のまた夢です。

卒業までに行ける気がしない。

でも、急に動き出すことだって、あるんじゃないかと思います。

その時のために、安心材料はあればあっただけいいですよね。

 

最終学年のスタートなので、先生方からこれまでにないほどのプレッシャーを感じました。

きっと先生方も上からの圧力があるのでしょうね。

私、1年間このプレッシャーに耐えられるかな…。

始業式前夜

こんばんは。

 

双子の学校は明日が始業式です。

今朝、やっと子どもたちの上靴を買いに行きました。

前の物はまだ十分キレイなままサイズアウトしてしまい、使うかどうかもわからない上靴を2足も買うのか~…と思うと、なかなか腰が上がらなくて。

使われないことも覚悟の上での購入です。

 

「学校が始まる」

 

昨晩、「明後日から学校が始まる」と急に認識してしまった次男。

学校のことは考えまいと春休みを楽しく過ごしてきて、急に現実に戻ってしまったようです。

お腹が痛くなって、しばらくトイレに籠っていました。

 

次男「初めから行けなくてもいいよね?」

eco「うん。自分で決めれば、それでいいよ」

 

言葉ではそう言っていても、次男の中ではすごく葛藤しているのだと思います。

今日はゲームをしたりYouTubeを見てのんびりしているように見えたものの、些細なことで長男に暴言を吐いたりとイライラした様子でした。

学校が始まるというだけで、勝手にストレスを感じてしまう次男。

そこから抜け出さないことには、前に進めない気がします…。

 

私も夫も、無理に学校に行って欲しいとは思っていません。

夫とは考えが合わないこともあるけれど、今はそこは一致している。

始業式の明日も、特別な声かけをするつもりはありません。

どうしたいのか、自分の心の声を聴いて決めれば良いと思います。

 

学校からの電話

 

この記事を書いている最中に、学校から電話がありました。

昨年度の支援級の担任から。

始業式を前に双子が不安になっているのではないかと、新クラスの情報を少し下さいました。

 

双子のクラスは別々。

クラスのメンバーはほとんど変わらないが、少し人数が増えて1クラス8名になる。

担任は教えられないとのことでした。

でも、先生の口調からして、昨年度のまま続投っぽい。

 

先生「明日、無理に来てとは言えないけど、ちょっとでも会えたら嬉しいな。放課後でも良いので、待ってます」

学校としては、出だしが肝心と考えているのでしょうね。

 

私が先生と電話しているのを見ていた次男は、

「放課後だけでも行こうかな…。最初に行っておいた方が自信になるよね」

とぶつぶつ言っていました。

これこそが過適応なのでは?

でも、私から「いや、無理しないで止めておきなよ」とも言えず…。

私にできるのは、次男の意思決定を見守ることだけです。

 

長男は、もともと放課後なら行くつもりでいたようです。

不安はあってもあまり表出しない子なので、次男と違って淡々としています。

放課後登校して、先生とおしゃべりしてくるだけで花まるですね。

 

この1年、どんな年になるのかな。

最終学年、いよいよ明日からです。