ゆっくりいこう ~不登校ふたりっ子の足跡~

不登校の双子と生きる母の忘備録

ぬいぐるみ好きのきっかけ

こんにちは。

 

今年も残すところ1ヵ月となりましたね。

 

週4ペースで給食登校を続けている長男から、先日とある宣言が。
「12月は休まず行くつもり」
ほ~・・・がんばるね。
宣言通り通えるかどうかわかりませんが、長男のがんばりたい気持ちをサポートしていきます。

 

さて、今回の記事は、次男がぬいぐるみ好きになったきっかけであるゾウさんと次男のお話です。
ちょっといつもと趣向を変えて、物語風に。
お時間がある方は良かったらお付き合いください♪

 

はじまりのぬいぐるみ


男の子は車にお座りしているゾウさんが好きでした。
白くて、ぽてっとしていて、何か言いたげにじっと見つめてくるゾウさんがとても可愛いのです。

 

ぼくにちょうだい

 

お母さんにとってもお気に入りのゾウさんでしたが

 

大事にしてね

 

男の子は嬉しそうに、両手でゾウさんを包むように抱えました。

 

遊ぶ時も、お出かけの時も、寝る時も、男の子はいつもゾウさんと一緒。
大切な親友でした。


ところがある日、ゾウさんの背中からポロポロポロ。
白いプラスチックの粒がこぼれ出てきたのです。

 

ゾウさんの体には、プラスチックのペレットが入っていました。
いつしか白いフワフワの毛はほとんど抜けて、生地も薄れてしまい、その隙間からペレットが出てきてしまったのです。

 

男の子は涙を流しながら、ゾウさんをお母さんのところへ連れて行きました。

 

大丈夫、手術して治してあげるね

 

ゾウさんは手術を受けて、元気になりました。
でも、それからというもの、同じことが何度も起こったのです。

 

男の子は言いました。

 

ゾウさんが死んじゃったらどうしよう。もう遊ばない。飾っておく

 

* * * * *

 

数ヵ月経った頃、男の子にあるプレゼントが届きました。

 

白いゾウさんです。
それも新品でフワフワの。
男の子はまたゾウさんと一緒に遊んだり、お出かけできるようになりました。

 

ボロボロで色褪せてしまったゾウさんも、男の子にとっては大切な親友。
新しい相棒を得てからも、ベッドの横に飾ってたくさん話しかけていました。

 

* * * * *

 

男の子は大きくなりました。
ゾウさんが親友であることは変わりません。
うさぎさん、くまさん、イルカちゃん。
ゾウさんのほかにもお友だちがたくさん出来ました。

 

でも、新しくてフワフワだったゾウさんは、またボロボロになってしまいました。
毛が抜けて、色も褪せて、手術した傷跡がいっぱいです。
お座りさせてあげても、体がくてんと倒れてしまいます。

 

男の子は、もうゾウさんと遊ぶことは止めました。
ベッドの横に2匹のゾウさんを並べ、毎晩「おやすみ」を言います。

 

* * * * * 


年月が経ち、男の子はさらに大きくなりました。

 

ぼく、ぬいぐるみを作れるようになりたい

 

ぬいぐるみはいつも男の子の味方でした。
いつでも話を聞いてくれて、励ましてくれる声が聞こえるのです。


ぬいぐるみを作れるようになった男の子は、大切なゾウさんを元気にしてあげる方法を思いつきました。
抜けてしまった毛は元に戻りません。
でも、体の中身を入れ替えてあげれば、また目をキラキラさせてお座りしてくれるのではないかと思ったのです。

 

男の子はゾウさんに麻酔をかけて、手術を始めました。
慎重に背中の糸をほどき、体の中身を取り出しました。
手足の綿は固まってボロボロでした。
新しいペレットと綿を少しずつ体に詰めて、優しく形を整えました。
最後に背中の縫合です。
一針一針丁寧に。

 

ゾウさんは、顔を上げて座れるようになりました。
男の子をじっと見つめてきます。

 

ありがと


手術をしてお座りできるようになっても、やっぱりゾウさんはボロボロです。
でも、男の子は満足でした。

 

やりたかったことがひとつできた。嬉しい

 

今日も2匹のゾウさんは、ベッドの横に座っています。


今、男の子は13歳。
夢に向かって一歩ずつ進んでいます。

 

次男が朝活を続けてみたら

こんにちは。

 

明日? 明後日? くらいから、急に気温が下がるようですね。

皆さん、冬の準備はお済みですか?

 

双子の学校では、登下校時にウィンドブレーカーを着用して良いそうです。

しかも、部活ごとに購入したものでも、学校を通して購入したものでも、個人で購入したものでも良いのだとか。

色の指定もありません。

登下校の風景が、かなりカラフルになるんじゃないかしら。

もはや制服の意味は・・・?

 

ロングスリーパー傾向のある子が朝活を続けるとこうなる

 

少し前から朝活をがんばっている双子。

今朝も眠い目をこすり、ちゃんと起きてきました。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

もともと寝起きが良い長男は、寝る時間も少し早くなったおかげで朝からすっきり顔。

睡眠時間もちょうど良さそうです。

 

一方、ロングスリーパーの傾向がある次男。

朝活をすることで、どうしても睡眠不足気味になります。

 

なにも6時に起きなくても、7時くらいにしたら?(どうせ暇だし・・・)

週末くらい好きなだけ寝たら?

と思いつつ本人の意思に任せていたら、週末もちゃんと早く起きてきました。

 

ところがです。

週末、朝ごはんを食べ終えてどうしても睡魔に勝てなくなり・・・。

リビングの床に横になったかと思うと、あっという間に夢の中。

土曜日の午前中、ひたすら寝ていた次男でした。

 

エネルギーの使い方

 

次男のエネルギーの使い方が、なんだか赤ちゃんみたい。

 

動く時は一気に100%の力で動いて、急にエネルギーが無くなってパタンと寝てしまう。

赤ちゃんのそういう行動ってすごく可愛いけど。

成長するにつれて、エネルギーの使い方をだんだんと覚えていくものですよね。

次男は未だにそんな感じです。

 

思えば、不登校になった当時もそんな感じだったのかもしれません。

毎日学校に行くことに全力を注いでいたけれど、ある日エネルギーがすっからかんになって。

 

でも、その当時の私は、そっと寝かせておいてあげませんでした。

エネルギーがプツンと切れて動けなくなった次男を、なんとかして叩き起こし、手を引いてでも歩かせようとしていました。

 

そんな必要なかったな。

そっと寝かせてあげれば良かった。

 

今はそう思います。

だって、しっかりと睡眠を取れた後は、ちゃんとエネルギーが復活するんだもの。

土曜日の午後は断捨離を手伝ってくれて、次の日もちゃんと早起きしました。

今日も元気に過ごしています。

 

エネルギーの使い方が上手いか下手かで言えば、下手だなぁと思います。

でも、それをコントロールしようとしても無理だし、自分で学んでいく以外にないのでしょうね。

長~い目で見守っていきます。

 

朝活?とキャラぬい製作

こんにちは。

 

11月ももう終わりが近いというのに、まだ扇風機が出ている我が家。

使うのは夫だけなので、内心早く片づけたいです。

それにしても、11月ってこんなに暖かかったっけ?

クリスマスツリーと扇風機が混在しているって・・・。

 

長男は今日も給食登校。

5時間目も出て、先日校内に植えたお花のお世話をしてきたそうです。

今週は5時間目も出た日が2回。

少しずつ学校にいられる時間が長くなるかしら?

 

これでも「朝活」です

 

双子が最近、朝活を始めました。

もう1週間ほど続いています。

 

朝活と言っても、ただ早起きをして、顔を洗って、着替えるだけ。

特別なことは何もしていません。

多くのひとにとっては朝活でもなんでもない、ただの朝のルーティンですよね。

でも、不登校生活の長い双子にとっては、これでも朝活なんです。

 

朝活を始める前の双子は、起きても顔も洗わず、パジャマのままでダラダラ。

長男は7時過ぎに起きていましたが、次男は遅いと10時を過ぎることも。

それも私が数回起こしに行って、ようやく起きるという有様でした。

(なかなか起きないのに「起こして」と言われます)

 

これ、実は私にとってはプチストレスの積み重ねだったと思います。

自分の手を止めて起こしに行くこと。

起こしに行っても起きないこと。

朝ごはんがみんなバラバラで片づかないこと。

双子の現状を見た夫が密かにイライラしていること。

 

でも、このプチストレスがないと、午前中の時間をすごく有効に使える!

仕事にも集中できます。

双子が自発的に始めた早起きだけど、一番助かっているのは私かもしれません。

続いてくれるといいな。

 

只今、キャラぬい製作中

 

早起きをするようになって、次男の活動時間は単純計算で1日2~3時間増えました。

だからというわけではないと思うけど、ぬいぐるみ作りのスイッチが入りました。

 

今作っているのは、以前から作ってみたいと言っていたキャラぬいぐるみです。

誕生日にプレゼントしたこちらの本を見て製作中。

 

型紙づくり、裁断、縫製、綿詰め、表情の仕上げ・・・

ぬいぐるみ作りは工程が沢山あります。

細かい作業も、ひとつひとつ本で確かめながら丁寧に。

 

次男「ぼく、こんなに集中したことないかも」

 

今日だけでかれこれ4時間以上作業しています。

スイッチが入った時の次男はがんばり屋さん。

いつもYouTubeやゲームにばかりお世話になっている姿からは想像もつきません。

 

キャラぬいの生地は毛足が短くて扱いやすいようで、私が手を貸す場面もほとんどなし。

もしかしたら今日中に完成するかな?

 

完成したら、きっと自信になると思います。

自信は次の一歩への原動力。

次はどんな一歩を踏み出すのか楽しみです。

いばらの道

こんにちは。

 

週明け早々、今日は次男と事務所の整頓ボランティアに行きました。

今日の作業は40分程と短めだったけど、洗面所をぴっかぴかにしてきました。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

急だったので私はなんの準備もしていなくて。

次男がささっと用意したお掃除グッズを持って出かけました。

クエン酸重曹、古い歯ブラシ、メラミンスポンジ、ゴム手袋、マイクロファイバーの雑巾4枚、濡れた雑巾を入れるビニル袋・・・。

 

次男の用意周到さに感心。

私が何も言わなくても自分で考え判断して、5分くらいでこれだけ用意していました。

学校で「〇と△と□を用意して」と指示された通りに動くのが苦痛なのもわかる気がします。

 

いばらの道

 

事務所へは車で片道30分弱。

次男と2人でおしゃべりするのに、程良い距離です。

行きは整頓ボランティアに行くワクワク感、帰りは達成感でいっぱい。

楽しく穏やかに、人生について語り合いました。

 

以前は不登校の自分を否定してがんじがらめになっていた次男。

今は自分の現状をだいぶ受け入れられるようになりました。

 

学校に行って毎日勉強している子たちと違う道を歩むことに対して、

「いばらの道だってことはわかってる。でも自分で選んだことだし、後悔はないよ。後悔しちゃったら、今までぼくを支えてくれたひとに申し訳ないよ」

と話してくれました。

 

なんか、オトナ。

 

現在進行形の不登校、もう5年目です。

目の前の問題も将来への不安も、なにひとつ解決していません。

でも、この発言を聞いたら、大丈夫な気がしてきました。

 

「やりたいことが3つも」

 

次男は今のところ高校への進学を考えていないようです。

学校の勉強もしていないし、今後中学に登校する予定もなし。

じゃあ、中学を卒業したらどうするのか。

 

社会不安障害でひとと接することに抵抗が強い次男は、普通の企業に就職したり、アルバイトするのは難しいと思います。

フリーランスという形態で自立を目指すのが現実的。

 

でも、フリーランスでやっていくには、当然何かしらの知識やスキルが必要になるし、それらを身につけるには努力が必要。

学校で基本の基から習えないのなら、自分で道を作っていかないといけません。

決して甘い道ではない。

それが「いばらの道」だと理解しているようです。

 

不登校の最大のメリットは時間があること。

やりたいことを見つける時間

自分と向き合う時間

自分を磨く時間

使い方は自分次第です。

 

「今、やりたいことが3つもある。ぬいぐるみ作りと整理整頓、それからマイクラのアドオン作り。やりたいことって、ひとつに絞らなくてもいいよね?」

 

メンタルの調子が落ちている時は、好きなことも思うようにできません。

でも、ここ数日は気持ちも前向きで、意欲的に動けているみたい。

「時間がいっぱいあるんだから、有効に使わないとね」とも話していました。

不安に呑まれて何もできない時には、絶対に出てこない言葉です。

 

いばらの道だとしても、それが次男の道なのでしょうね。

悩みや不安は尽きないものの、ちょっぴり頼もしさを感じたりもします。

 

ぬいぐるみの冬支度

こんにちは。

 

長男は給食登校から帰るといつも、まず庭の畑へ直行。

畑の様子とプランターのいちごをチェックして、水やりをしてからお家に入ります。

 

今植えてあるのは、大根、にんじん、ラディッシュ

種から植えたので、毎日「まだかなぁ」と、発芽を楽しみにしている長男です。

まるでトトロに出てくるメイちゃんだね。

 

ぬいぐるみの冬支度

 

このブログを読んで下さっている方はよくご存じの通り、我が家の双子はぬいぐるみが大好きです。

次男のぬいぐるみ作りはスイッチが入らずなかなか進みませんが、私は相変わらずちまちまと新しい子を生み出しています。

 

eco-hs-o.hatenablog.com

 

最近寒くなってきたので、指編みのマフラーを作ってみました。

指編みは初めてではないけど、ちょっとYouTubeでおさらいしつつ20分程度で完成。

うん、ぬいぐるみにぴったり。

ふわふわ、あったかそう~。

f:id:eco_hs_o:20221116151442j:image

 

これを見た次男。(次男のお気に入りのうさちゃんです)

「かわいい!! ぼくも作りたい! 教えて教えて。今すぐ!」

 

この会話の時点で21時半。

私にとって、夜は貴重なひとり時間。

そろそろ寝室で静かに読書をしたいのよ・・・。

 

でも、明日教えてあげると言って引き下がる次男ではないことも重々承知。

私が参考にしたYouTubeを教えて、最初の部分だけ付き合いました。

 

そして今朝。

次男が作った指編みマフラー、ちゃーんと完成していました。



ざっくりと編む指編みは、適当に作ってもそれなりに出来ます。

初心者でもお子さんでも簡単に作れるのでおすすめです。(太めの毛糸がやりやすい)

 

www.youtube.com

 

最近、ちょっぴりしんどい

 

次男は自我が強い子です。

少なくとも私の中では。

外では周りに気を遣いすぎて自己主張できないし、口さえ開かないので、意思が弱く大人しい子と思われがちだけど、内実は真逆です。

 

何かをやりたいと思ったら即行動したいし、やりたくないものは断固拒否。

ああしたい、こうしたいと、明確な意思を持っています。

そして、自分が納得しない限り、その意思を曲げません。

要するに頑固。

 

その一方で共感力が高く、色々なことに敏感で、不安が強く、とても傷つきやすい。

やりたいことがあっても、不安が壁となって動けないことも多々あります。

 

でも、どうなんだろう。

壁となっているのは不安だけじゃない気もします。

自我を抑えて妥協することができたら、簡単に動けちゃうのかも。

 

楽しそうにやりたいことを語っていたかと思えば、不安が出てきて。

譲れない自我も出てきて。

動けないと、もうこの世の終わりみたいな絶望感。

 

そんな次男を一身に受け止めるのが、最近ちょっぴりしんどい。

なんとなく重荷に感じてしまっています。

あ~、今ストレス値が上がってるなぁって。

これいつまで続くんだろうって。

 

母親だって人間だもの。

そういう時ってあります。

だけど、次男をストレスと感じてしまう自分が、とっても悲しい。

愛情は溢れんばかりにあるのにな。

 

そんな鬱々とした気持ちから抜け出すために、ぬいぐるみの冬支度をして気持ちを和ませてみたわけです。

私自身が沼から抜け出すために、次男を喜ばせたくて。

今夜は次男の大好きなポトフにします。

 

母も驚いたサプライズ登校

こんにちは。

 

今日の長男は給食~5時間目の登校。

校内の色々なところにお花の苗を植えるお仕事をしてきたそうです。

 

6月にもやっていた苗を植えるお仕事。

支援級の子が自立活動の一環としてやるのかと思っていたら、長男だけらしい。

 

長男「ぼく、そういう作業好きだからね」

 

勉強に気持ちが向かない長男のために、仕事を作ってくれているのだと思います。

長男が楽しそうだからこれで良い気もするし、このままなのもどうかとも思うし。

ちょっと複雑な気持ち。

 

気まぐれ次男

 

なんと次男がサプライズ登校しました。

と言っても、一度長男のお迎えについてきただけですが。

 

完全不登校で、2学期は一度も登校していない次男。

登校することはもうない気がしていました。

まぁ、どういう風の吹き回し?

 

私がいつも通りに「長男のお迎え行ってくるね」と出かけようとしたら、

「ぼくも行こうかな」

 

私服で、ぬいぐるみをひざに乗せて、車の助手席に座ったまま。

これを「登校」と言っていいかどうかは不明ですが、担任の先生とお会いすることができました。

 

気まぐれな次男の行動に、先生や長男はもちろん、私もびっくりでした。

 

もし、また気が向いたら

 

長男と一緒に職員玄関から出てきた先生は、驚きつつも優しく対応して下さいました。

私に「話しかけてもいいですかね?」と確認したうえで。

 

先生「次男くん、ひさしぶり。よく来たね~。元気?」

 

担任の先生は、私と同年代くらいの女性の先生。

同じ年ごろのお子さんもいらっしゃいます。

 

早口すぎず、大声すぎず、威圧感もなく。

かと言って幼い子に向かって話しかけるような口調でもなく。

我が子に話しかけるような感じで、フラットに話しかけてくださいました。

 

敏感な子への話しかけ方ってすごく大事。

表情、声のトーン、口調、話すペース、全てで相手を感じ取っているから。

支援級の担任の先生は、今まで出会った先生の中でそれが一番良い塩梅だと思います。

言葉の選び方も優しいです。

 

次男はやっぱり口を開くことはなかったものの、うなずいたり首を振ったり、意思表示はしていました。

「ぬいぐるみ、可愛い! 見せて~」と言われて、見せていました。

「またね」と言われて、手も振っていました。

 

うん、悪くない感じ。

次男の心に近づくには、ぬいぐるみを介して繋がるのが一番なんです。

 

気まぐれな次男のことなので、これが動き出すきっかけというわけではないでしょう。

でも、先生にまた会いたいと思ったかな。

たまには会ってもいいと思ったかな。

 

また次男に学校に行って欲しいとか、今度は教室まで、とは望みません。

たぶんジャージや制服を着ることに抵抗があるのは変わらないし。

 

でも、

次男が会ってみようと思うひとがいるとしたら。

会ってもいいと思うひとがいるとしたら。

もうそれだけで嬉しいです。

 

もし、また気が向いたら。

くらいの淡~い期待は、持ってもいいかな。

双子のライフハック 同じ土俵で勝負しない

こんにちは。

 

eco家の住む地域では、気持ちの良い天気が続いています。

でも、乾燥がひどい。

もう少し気温が下がったら、長男が大好きな干し芋を作りたいな。

 

長男は今日も元気に給食登校しました。

午後、来年度の新入生に向けた支援級説明会があり、その資料配布のお手伝いもしたそうです。

見知らぬ人が沢山来ても、そういうのは平気なのね・・・。

小学校の支援級の先生にも会えたそうです♪

 

同じ土俵で勝負しない

 

長男、昨日から急に熱心に絵を描きだしました。

タブレットで画像を見ながら、モンハンに出てくるモンスターを模写しています。

見たことないほどの集中力で、昨日はトータル4時間ほど。

話しかけるのも憚られるほどです。

 

久しぶりに絵に没頭したら、思いのほか上手に描けて楽しくなったのかも。

 

長男は小さい頃から絵に対して苦手意識が強くありました。

絵が上手な次男がずっと隣にいたから。

 

次男の絵は、幼稚園でも小学校でも目立つところに飾られて、賞状を貰えて。

校長室に飾られていたこともあります。

お友だちから「〇〇描いて」と、キャラクターの絵をせがまれて描いたりもしていました。

 

長男も絵を描くのは好きだったけど、だんだん描きたがらなくなりました。

まさに双子の弊害。

 

先生から「長男くんの絵も上手だよ」と、おまけのように言われても。

「長男くん、理科得意だよね」なんて、他のことで褒められても。

まだ幼かった当時は、気休めにもならなかったと思います。

 

我が家の双子は二卵性。

性格も違えば、得意不得意も違います。

長男は絵が特別不得意というわけではありません。

でも、得意としている人を目の前でずっと見ていたら、苦手意識を持ってしまうのも仕方ないのかも。

 

今の長男は、次男の絵の上手さに対して、

次男の絵ってすごい

上手く描けてうらやましい

と、羨望のような気持ちを抱いています。

でも、小学生の頃のような卑屈さがなくなりました。

 

次男と同じ土俵で勝負しなければいい。

ぼくはぼくの感性で描く。

 

最近の次男は、イラストアプリを使ってアニメのキャラクターを描いていることが多いです。

一方、長男はアナログ派。

紙に鉛筆でスケッチ風に描いたり、ストーリー性のあるファンタジーな世界を描いたり。

長男にしか描けない絵を描くようになりました。

同じようにアプリで描いても敵わないし、アニメのキャラを描くのも敵わない。

だから、次男が描かない絵を描く。

 

考え方も、絵のスキルも、いつの間にか大きく成長していました。

 

長男の集中力

 

普段から長男はながら作業をしていることが多いです。

YouTubeを見ながらモンハン。

PS4でマイクラをやりながらタブレットゲーム。

映画を観ながら漫画を読む。

 

それって、どっちも集中してないよね?

どっちかに集中したら?

 

最近は指摘することもなくなったけれど、以前から長男のながら作業はずっと気になっていました。

勉強してみても意識があちこち移るし、普段の行動からして注意力散漫。

ADHDの診断は受けていないものの、傾向はあるのだと思います。

 

でも、真剣に絵を描く長男は、いつものようにながら作業ではなく、テレビも音楽も消して集中していました。

声を掛けても聞こえないほどに。

なぁんだ、集中できるんじゃん。

 

好きなことに集中している姿を見るのは嬉しいものですね。

寝食を忘れるほどの過集中にならないようには気をつけたいと思います。