ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

「ゆっくりいこう」

こんにちは。

 

私は読書が趣味のひとつなのですが、読書熱に波があります。

最近、また波が来ています。

読書熱が高まると、料理しながら、ドライヤーをかけながらも読んでしまうので、ほどほどにしなければ・・・。

と思いつつ、次に何を読もうかと新聞の書籍紹介欄に目を光らせています。

 

ちなみに読むものはほとんど小説。

実用書や指南書は、必要な時に読むくらいです。

本当は重い読書が大好きなのですが、自分のメンタルが弱っている時には、あまり重い内容の作品は選ばないように気をつけています。

今は軽めの内容が多い。

何か面白い本はないかな。

 

↓ 今年に入って読んだ本たち

 

長男の励まし方

 

新学期も相変わらずの毎日を送っている双子を見ていて、ここ数日、鬱々としていた私。

夫と次男の間に入ることにも疲れていました。

 

朝から考え事をして、ため息をついていた私を見ていた長男。

「ちょっとスマホ開いて」

言われるがままに自分のスマホを開くと、さらに「ほら、それ読んで」と促されました。

 

その画面がこれです。

f:id:eco_hs_o:20210113223352j:image

 

私のスマホのホーム画面には「ゆっくりいこう」と書いたメモが常に貼り付けてあります。

 

「ゆっくりいこう」

読んでみて、思わずふっと笑いたくなりました。

 

ブログタイトル「ゆっくりいこう」の由来

 

実はこれ、長男の言葉なんです。

2年ちょっと前、長男は五月雨登校で、たまに教室で授業を受けていました。

次男はほとんど完全不登校

私は、なんとか学校に行ってもらいたい、勉強も遅れないようにしなきゃと必死だった頃の話です。

 

とある大学の学園祭に遊びに行き、美術部のブースでプラ板を作りました。

用意されていた色々なキャラクターの絵の中から、長男が選んだのはリラックマ

(まだすみっコぐらしに出会う前だったので)

絵を写し終わると、大学生のお兄さんが長男に

「何か一言書いてお守りにするのもいいよ」

と話し掛けたんです。

長男は少し考えて、リラックマのイラストの横に丁寧な字で「ゆっくりいこう」と書きました。

 

この時、すごく衝撃を受けたんです。

 

私はそれまで、何事もマイペースな長男を急かすばかりの毎日でした。

「早く!」「さっさとしなよ」「まだ?」

と言わない日はなかったかもしれない。

でも、プラ板に書かれた言葉を見て、これが長男の気持ちだったんだ…と、ようやく気がつきました。

 

それ以来、私のスマホには「ゆっくりいこう」という言葉が貼ってあります。

 

長男のマイペースさに寄り添えるようになったのも、この時から。

のんびりしている長男には、長男のペースがある。

そんな単純なことに、何年も気づかずに子育てしていたのです。

そういえば、最近は「早く!」なんて口にしなくなりました。

 

長男の教え

 

私にスマホの画面を見せて、長男は言いました。 

「考えてばっかりだと、気持ちが焦って追いつめられちゃうよ。ゆっくりいこうよ」

 

不登校の息子に、こんな風に諭されるとは…。

でも、長男の言う通りですね。

つい考え過ぎてしまう私の重荷を、長男がひょいっと持ち上げて、ポイっと捨ててくれたような気持ちになりました。

大事なことを思い出させてくれた長男に感謝です。

 「長男は懐の深い優しい大人になるね。ありがとね」