ゆっくりいこう ~素敵なふたりっ子~

自閉スペクトラム症、HSC、それぞれの特性を持つ双子母の忘備録

ポジティブな諦め

こんにちは。 

 

母の日だった昨日、双子は早起きをして、うさぎのこみみのお世話をしてくれました。

普段は休日でもこみみのお世話のために早起きしますが、おかげでのんびりとした朝を過ごせました。

 

子どもたちは日頃から「ママ、いつもありがとう」と感謝を口にしてくれます。

だから我が家では、母の日があまり特別なものという気はしないかな。

でも、ことあるごとに「ママをゆっくりさせてあげよう」という気遣いが感じられて嬉しかったです。

晩ごはんはお味噌汁とひじきの煮物だけ作り、お寿司のテイクアウトで手抜きさせてもらいました♪

 

ここは、焦らずに

 

先週の金曜日に1時間だけ登校した次男、疲れを引きずることもなく週末も元気に過ごしました。

鼻唄を歌ったり、ゲーム中も口数が多かったり。

相変わらず工作も熱心にやっていました。

子どもがご機嫌な姿を見ると嬉しくなりますね。

 

次男が授業に参加したのは、5年生の1学期以来のことでした。

以前の私だったら、なるべく間を空けずにまた登校して欲しい、この調子でペースを掴んで欲しいと望んでいたと思います。

でも、そういう私の焦りがプレッシャーになり、望んだのとは逆の方向に舵を切る結果になってしまっていました。

ここは、焦らずに。

 

動き出すには勇気がいるし、起動する時ってエネルギーを沢山消費します。

その先の道を進み続けるには、起動した後にも十分にエネルギーの蓄えが残っていないといけません。

続けて登校したり、予定通りに行動するのは、不登校の子にとって想像以上にハードルが高いことなのだと思います。

 

母の日と話の通じない義母

 

毎年、母の日には近所に住んでいる義母にお花をプレゼントしています。

以前は義母とは良い関係でしたが、ここ数年は子どもたちの不登校に対する考え方の相違から、極力距離を置いている状態です。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

正直、今年はお花をプレゼントするのは止めようかな・・・と思っていました。

子どもたちのことでまた何か言われたくないな、というのが率直な気持ちでした。

でも、夫がちょうど休みだったこともあり、結局、夫と一緒にお花を買って届けに行きました。

 

結果は予想通り。

義母の中には、不登校や支援級に対する差別的な認識が根強くあります。

不登校なんて恥ずかしい。

支援級に通う子は、まともな進路を選べない。

表現はもっとソフトですが、言葉の端々に、そういう考えが見え隠れするんです。

 

また、自閉スペクトラム症と診断されている長男についても、基本的に診断を受け入れない姿勢。

テレビで見る自閉症の子と全然違う。

長男はよく出来る子だし、今のままでいたら本当に勿体ない。

と言います。

 

自閉スペクトラム症の子は、能力の凸凹具合によって表に出てくる特性が全然違います。

そして長男の場合、端から見て非常にわかりにくいタイプだと言われています。

でも凸凹具合は大きくて、本人の中では実は困っていることが沢山あったり、不安が強かったりするんです。

eco-hs-o.hatenablog.com

 

 

義母にはいくら説明しても、こういうことが上手く伝わらない。

不登校」「支援級」「自閉スペクトラム症」・・・義母はこういうレッテルを見ているのであって、子どもたちのありのままを見ようとはしないんです。

 

私は子どもたちに普通の道を歩んで欲しいと思っていません。

自分だけの道を見つけて歩んでいって欲しいと思っています。

でも、義母に言わせると、それは「普通の道を諦めてしまっている」ということになるらしい。

別に諦めているとかではなく、普通(普通ってなんでしょうね)の道が子どもたちにとってベストだと思わないだけ。

 

やっぱり、まともに話し合える気がしません。

お花を届けに来なければ良かった・・・と後悔しました。

 

ただ、昨日は夫が何度もフォローに入ってくれて、ちょっと頼もしく感じました。

まぁ、それでも義母には通じないのですが。

 

ポジティブな諦め

 

以前は義母とこういうやり取りをする度に、何日もダメージを引きずっていました。

でも、今は最初から諦めているし、夫も味方になってくれる。

私の考え方を間違っていないと言ってくれる方もいるので、引きずることはなくなりました。

 

義母はそういう考えの人なんだと俯瞰的に考える。

イヤな気持ち、傷ついた気持ちは、どこかで吐き出してサクッと消化する。

あとはなるべく距離を置く。

うつ病を克服した友人が「ポジティブな諦めは大事だよ!」と教えてくれました。

自分の心を守るために、ポジティブな諦めが必要なこともある。

この考え方を教えてくれた友人に感謝です。